◇リセットして♪


こんにちは♪ ご無沙汰しております。
SONIAこと髙橋まゆみです(^^)
 
新盆もあって落ち着かない日々でありました。 
 
暑過ぎて、ダレていたのもありました〜〜( ´Д`)
 
「書く」作業から引き離された時期でもありました。
  
自分の中で…
「何かが大きく変わるタイミング」
「毎日、少しずつ変わっている」
そんな気配だけは感じているですが、今ひとつハッキリした手応えを得られないでいました。
 
7月からお休みが続いている「書く仕事」とは逆に、「話す仕事」では新ワークも完成したり…と、中々精力的にセッションをこなしております〜(^_^;)
       
未だ凸凹続きですが、こんな私にいつもお声を掛けて下さる皆様、本当にありがとうございますm(_ _)m
 
 
さあてと、昨日のこと♪
「こんなのいつまで続くのぉ〜〜っ! 」
「もーやだ〜〜っ!」
「もう謝ってばかりのブログなんて書きたくな〜〜っ(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾」
っと「いい加減にしろよ!」レベルまで沸騰しました。
 
すると…この時を待っていたかのように、毎度の如くプチっと何かが弾けまして…(^_^;)
 
で、「毎度」そのパターンで弾けると動き出すから、自分の意思で早目に「弾けよう」と試みましたが、意に反して気持ちが穏やか〜〜での〜〜んびりしてて、全く「意思は通用しない」のも検証済み。
 
こーゆー時は「待つ」しかない。
目の前のやれる事やって、知らんぷりして待つ。
心の奥の「真の枯渇」… 心が叫び出すまで…。
 
私にとっての「書く」事が「真の望み」かどうなのか…、それを確かめられた時期だったようです。
 
実際「書けなく」なってしまって、半ば諦めて「書かなくなって」最初に思ったのは…
「楽ち〜〜ん♪」
「何書こうか、悩まなくてイイのよ〜〜♪」
「目も疲れない、肩も凝らない〜♪」
でした(^_^;)
 
でも、それがいつまで続くのか不安を覚え始めた頃から、心境の変化が…。
「ナンテ味気ない毎日なんだろ…」
「書く事で頭が整理出来ていたんだ…」
「自分を客観視出来るのも、書くからよね〜」
「ホントは、凄く凄く大切な時間だったのね〜」
などなどに気付けたのでした。
 
何でも「当たり前」になってしまうと、その価値や意味深さを忘れてしまいます。
 
私にとって当たり前にしていた「書く」仕事。
リセット出来て、新たな気持ちでまた書かせて頂こうと思いま〜す♪
 
(どーかこのペースが保てますようにぃ〜〜(*≧∀≦*))
 
今日もお付き合い下さってありがとうございます(^з^)-☆
 
 
〜 自然と人と動物  共に生きる幸せのため 〜