◇引越しの心の整理は物の整理で!

こんにちは♪
SONIAこと  ポポコこと…髙橋まゆみです(^.^)
       
やっぱ、「自分の家」ってい〜わぁ〜(*'▽'*) 
 
一昨日東京に戻り「平穏な日常を取り戻せたた〜〜」とホッとしたのも束の間、早速引越し準備も本格的にスタートしたものの、一つまた一つと積まれる段ボールを見て「あ〜、またか…」と半ば呆れてます。
 
何しろ…、引越し12回目〜( ̄▽ ̄;)
 
もー、こーなったら「引越しの達人だわねっ」と変に自分を持ち上げて励ますことにしましたっ(≧∀≦)
 
引越しって…
新地や未知な出逢いへの期待と好奇心でワクワクします。
 
反面、親しんだ暮らしや環境、仕事やお付き合いなどの人間関係も根こそぎ変わるので、精神的な不安定要素も盛りだくさんです。
 
特に「せざるを得ない引越し」は、無理矢理「安定」や「今の幸せ」から引き離されますので、ダメージもハンパない!(私の場合コレ多い)

こんな時も『困難を乗り切る』ために、メッセージは降りて来ますから有難い(*'▽'*)
 
そして教えられたのが…
 
〜※〜※〜
「心の整理」するには「過去を手放す」と良い
「過去を手放す」には「物を手放す」と良い
「嬉しくなる物だけに囲まれる」と良い
〜※〜※〜

 
例えば、なぜか着なくなった洋服を手に取ってみると…
「あっ、あの時の服…(苦い想い出あり)⤵︎」
「あそこで買ったっけ…(高かったのよね)⤵︎」
「これ着て出掛けたら楽しかったな…(今は楽しくない⤵︎)」
と、確かに「過去」と「ネガティブな想い」が芋づる式で湧いて来る〜。
   
これは「嬉しくない物」認定ですから、サヨナラします。
 
まだ着れるから勿体ない気持ちもあり「物を大切にする心」もまた大切なのですが…。
 
大きな環境の変化の時は、決まってたましいレベルでも進化が起こっている時ですから、そんな観点から見るならば…
   
 
〜※〜※〜
「嬉しくないモノを持ち続ける」行為は、心の片隅に「ストレス」を持ち続けることになる
 
「本当は喜べていない」という正直な自分の気持ちに向き合おうとしない自分がいる
 
ケジメるチャンスを逃してしまって、人としての成長を遅らす
〜※〜※〜
 
 
…と、少々大げさかも知れませんが、そんな学びも隠されているのだとさ〜(≧∇≦)
 
なので私の解釈は…
人生は限りある時間なワケで、次の新たな自分発見のステージが待っているのに、直前で足踏みしているようなものなので、こっちの方が勿体ないのではと思う次第です(^^;)
  
っと、ここまでご賛同頂けましたら、次は実践編!
 
こんな時に使える、しかもスピに教えられた「手放す時のコツ」をご紹介しま〜す♪
 
 
本日もお付き合い下さってありがとうございます(*'▽'*)
 
 
〜 自然と人と動物  共に生きる幸せのため 〜