◇可愛い野良にゃんでも勝手に話さないマイルール

 
こんにちは♪
アニマルハートリーダー髙橋まゆみです(^.^)
 
通りすがりの私に、猛烈アピールのニャンコ(*´ω`*) 
   
『ねーねー、美味しいもの持ってるよねー⁉︎  持ってるでしょ〜!』(すりすり)
『こ〜んなことしり、こ~んなことしたら、くれるよね〜♪』(ベタベタ)
『これで どーだ!』(ゴロリン)
とでも言っているかのようだ。
これは私の勝手な「当てコトバ」だが…
ニャンコの行動から気持ちを読み取るのだから、一種の「動物の声」なのだと思う。
 
私には動物と話す際の「マイルール」がある。
一例…
 ・飼い主さんの許可なく ペットと勝手に会話はしない 
 ・人を介さない動物とは 話さない(野生:スズメやカラスなども)
 ・ノラちゃんの助けになるなら 感じ取ることだけは善しとするが 会話はしない
   
マイルールは…
自分の「使命」と関係しているので皆さんに当てはまるモノではなく、あくまでもマイルールで、動物と話す役目を知ってからは、シカと守っている。
 
自分の心を勝手に覗き見られたらイヤなように、動物たちも不安になるそうだからだ。
 
スピな世界のモノと話すにも動物と話すにも、お互いを尊重しながらルールを守ってコミュニケーションする方が、会話も弾むし、安全安心♪
  
このルール…
「スピのことは、スピに聞け!」って事で、ルールを教えてもらえる存在たちがいるのをご存じだろうか?
   
スピリチュアルな能力や技術のことは… 「セントジャーメイン」
動物と話す時は… 「アッシジの聖フランチェスコ」 だ。
 
両者、過去実在した方だそう。 
 
私が駆け出しの頃…
自動書記でペンが動き文字を書けるようになるとすぐに「アッシジの聖フランチェスコ」と繋げて貰って、「動物と話すルール」を教えてもらった。 
 
この時「人が動物と話す そもそもの意味」はじめ、ルールを教えてもらっていなかったら、今もきっと平気で勝手に動物のココロを覗き読みしては、自分だけで楽しんでいたに違いない。
 
あー危ない…( ̄▽ ̄;)
授かった能力の使い方を間違えるところだった…。
 
*自分の使命に合った「マイルール」を定めておくと、道を外れないので安心ですね(*'ω'*) 
 
正しきを教えてくれる「先生」がいるって、しかも呼べばすぐ登場してくれる「専属家庭教師」がいるって、ありがたい♪
  
ありがとうございま~す<(_ _)>
 
~自然と人と動物 共に生きる幸せのため~