◇分岐点で選んだ…新たな活動!

 

こんばんは

SONIAこと 髙橋まゆみです('ω')

 

本日は、少し真面目なお話を…。

 

過日…

気持ちを切り替えて『新たな取り組み? いざ実地検証~』と張り切って向かった先は、水族館でした。

 

内心…

『芸をする動物たちの生の声を受け取れて、環境などの改善に役立てるようになるかしら~私』と、期待しながら出かけました。

 

がー

声など一切、受け取れな~い(~_~;)

 

見れば…

ラッコはお気に入りのおもちゃを抱え、プカプカ浮いて楽しそうだし…

オットセイも芸が身について、誰も見ていなくても手をあげたりしてるし…

 

なんたって…

トレーナーさんたちが愛情イッパイで、私ごときの入る余地などどこにもない…(*_*;

 

「ここまで何しに来たのよ…(・・;)」と、内心スピ相手に怒る私(-_-;)

 

で、唯一…

ココロがグラグラ揺さぶられたのは、ラッコが『絶滅危惧種』であるという事実。

突如涙が込み上げて、クラゲを眺める振りして、号泣してました(;^ω^)

 

何か、大切な事を想い出したような気が…('ω')

 

その時、私の中で何かがパチンと弾け…

『この道… 違うのか…』と、ハッとした瞬間でした。

 

で…

『自分の道』の分岐点と自覚し、慎重に考え抜くこと、ここ数日間…('ω')

 

 

結果

今まで見えなかった『新しい方向』が現れ、勇気を持って取り組む活動を始めました

 

  『命を絶たれるその時まで…想い出の記録』

 

これは…

人の意志で命を絶たなければならなくなった収容された動物たちが、『その時』を迎えるまでに想い出している事を拾い集め、多くの方に知って頂くための活動です。

 

同時に、単に声を拾い集めるのではなく…

  ・ココロの傷を 癒す

  ・辛い現実の緩和のための 意識アクセス

  ・来世まで傷を持ちこさないよう 浄化

私が出来る事として授かったモノ全てを、祈りと共に捧げる事に致しました。

 

まず第一歩は…

写真などでご縁のあったコたちの、想い出の記録です。

 

本日、第一弾を記録しましたので、ぜひ読んで頂きたいです<(_ _)>

 

少しでも殺処分される命が減り、人と動物が心を通わせ、共に暮らす事を願って…

 

 

~自然と人と動物 共に生きる幸せのため~

~命あるモノ全てに光が注がれますように~