姿なきコーチの教え…ココロ磨きと能力開花 ~

◆ココロ磨き … 能力開花に関係ある?◆

  

 

私自身の「能力開花」や「動物との対話の仕方」を授かれた経緯が、まさにコレ!

  

 

私の師は、当初は「大天使ミカエル」「ゼウス」「マスター」と呼ばれる姿なきコーチ陣で、実在する人間ではありませんでした。

  

終始伝えられる内容には必ず「今、行動すると良いアドバイス」があって、それを繰り返しこなす…という毎日。 

 

実は「行動のアドバイス」の目的は…

「能力(特に異次元とのつながり)」と「人間力」を同時に、しかもバランスを取りながら開花させようとするものでした。 

  

 

行動のアドバイスの一例…

 

 「ありがとう」を 1日10回言おう

 

 ・言い慣れたら 実際に誰かに言おう

 

 ・実行して感じた気持ち良さを 味わおう

 

という、こなすにもとても優しいアドバイスです。(…初めは優しかった(苦笑)) 

 

   

 

実践した結果

ちょっとした努力ですが、努力には違いないのでこれをクリアすると…

 

 「浄化」が起こり…

 

 「新たな能力が授かりましたよ」と聞かされて知り…

 

 自分自身が実験台となり…

 

 自分が確かに変わったことで 「新たに出来た」と実体験する 

 

こんなプロセスを繰り返し「新たな能力」を授けてもらったかのように潜在能力を開花させてきました。

    

 

このように…

自分が成長しようと努力(ココロ磨き)すると ⇒ 能力を授けてもらえる

という仕組みになっています

   

 

だ・か・ら

潜在能力を開花させるには… 一にも二にも「ココロ磨き」です

 

 

全レッスンはこの仕組みがベースとなっています

 

  

 

◆今も続く… ココロ磨き◆

  

 

姿なきコーチに教えてもらった数々の「ココロの磨き方」。

  

この教えの一つには… 

「アニマルハートリーダー」という「透視と浄化」を扱う者としてのテーマがあるように思います。

 

 ✔「人間界と動物界をつなげる者として 相応しい人間か?」

 

 ✔「能力を使って 他者を助けるに相応しい人材か?」

 

と投げかけられている気がしてなりません。 

 

きっと「高次元とつながりを持つ」という特殊な香りに包まれると、つい「人間のおごり」が顔を出してしまうからでしょう。 

 

これにとらわれてしまうと、自覚出来るまでは中々抜け出せない時期も実際にあり、ご迷惑をお掛けしながらも痛い経験で学ばせてもらいました。 

    

この様なつらい場面でさえも全て導かれましたので、きっと避けては通れない「いばらの道(課題を乗り越えるための経験)」だったのだと思います。

  

それでもこうして好きな仕事を続けて来られ、今があります。

 

これからも誇りと自覚を持ち、謙虚でひたむきな姿勢を忘れないよう、今日も楽しく「ココロ磨き」を続けて行こうと思います。

 

 

 

 

>言葉のこと   >瞑想のこと    

  

 ~* 導き活用のしくみ *~

 
   つながる
   導きを行動に移す
   結果を味わう 
 
これの繰り返しです
 
「今」の自分を変えるから、未来が変わる!  
 
 

(更新:2018.1.30)