導き豆知識 ~


◆停滞とは◆


 

 

ここでいう「停滞」とは…

 

  つながりっている のに… 

 

  導きを受け取れる段階になっている  のに…

 

  自己改革例を繰り返してる のに…

 

 

それなのに… 

一向に能力開花進化が見られない、現実の問題がクリアにならない、などの好転が起こらない場合を指しています。

   

 

   


◆見直す◆


   

 

そんな時は、自分自身の「言動や行動」「発信している内容」などを振り返ってみると、その原因に気付けることが多かったです。 

   

 

停滞の原因 

  

もしかしたら「知っている」「わかっている」つもりでも…

 

  真剣に自分と向き合おうとしてない 

  

  ネガティブな発言をし続ける自分を 変えようとしない

   

 ✔ 導きによる「行動アドバイス」を 実践していない 

 

など… 心当たりはありませんか。 

 

   

 


◆現状打破するには…?◆


 

 

直近で受れ取れた導きを振り返ってみましょう。 

 

言葉で受け取れる場合

 

  「~~しましょう」 

 

  「~~するとよいです」 

 

などのフレーズや、それに気付けた場面はありませんか? 

 

気付けたことを、実践していますか? 

 

   

 

レッスンの中で伝えられた場合は…

 

 「宿題」(ワークの実践、ココロ磨きなど)

 

 「心掛けると良いこと」 など

 

行動に移せていないことはありませんか?  

  

 

   

「やっていないこと」が分かったら… 「 や る 」 のみ

  

 

するとほどなく気持ちが切り替わり、停滞が解け、変化が起こり始めるでしょう。

   

 

  


◆こんな時、しつこく尋ねると…◆


    

 

こんな状態…いわゆる停滞中、姿なきコーチに「どうしたらよいか?」を尋ねると…

  

 「答え」は 教えてくれない  

 

 前回と「同じ内容」を 繰り返し伝えられる 

 

 自力で乗り越えさせようと逆方向へ導かれる

  

などで「自分で気付く」機会を増やそうとしてくれます。 

   

    

※それでも行動に移さず「導き」を欲しがってばかりいると…

「妙な内容」を繰り返し伝えられて「依存」の泥沼にハマりますのでご注意を!

 

   

 


◆依存の泥沼⁉︎◆


 

 

私が言葉で受け取れた内容は 実践して 自分力養う 」ためが多かったように思います。

  

それなのに、上手く物事が進まない時に限って、繰り返しメッセージを欲しがったので「人にばかり聞いていて 自分が動いていない状態」と判断されたのだそう。 

(確かにこの頃、動きが鈍くなっていた)

 

すると姿なきコーチは、そんな自分をどうにか行動させ、実経験を積ませようと、策をひとひねりし始めました。 

  

その策とは…

もっと窮地に立たせられれば 動くだろう」…というもの。 

    

窮地に立たせられるので…

今度は必死に「すがる思い」でまた導きを受け取ろうとする…。(ここでも行動そっちのけ!)


するとますます現状が悪化する…、悪化すれば平常心を失う…、直感も判断力も鈍る…、迷うので行動も起こせない…と、泥沼へ一直線でした!

  


※この時の私を振り返って冷静に見れば「何も行動せず、ただ頭を抱え込むだけのワタシ」だった(笑)


 

こんな時は「初心を忘れずに!」

ちょうどこの頃「初心を忘れていないか⁉︎」と直感に投げかけられたような場面がありました。

 

経験を積むからこそ遠くなる「初心」…。 

 

直感をキッカケに、あらためて「行動の導き」を見直して、行動に移すよう心がけていると…、ジワジワと現実がまた動き出しました♪  

     

 

 



 ~* 導き活用のしくみ *~

 
   つながる
   導きを行動に移す
   結果を味わう 
 
これの繰り返しです
 
「今」の自分を変えるから、未来が変わる!  
 
 

*ひと言*

「やる事やった」から「前進する」…こんな事も教えてもらいました。

当たり前のことですがね(;^ω^)

   

 


(更新:2018.1.30)