~ 姿なきコーチの教え… 「導き豆知識」 ~

* つながりのこと *

 

 

「つながり」とは… 

 

高次元から自分に向けられている「幸せへの導き」を直接受取れるようになること。 

 

その初めの作業として「つながりを確認しようとすること」をここでは「つながる」と言います。 

  

 

◆「つながり」を例えるなら… 

人と人が初めて出会って、ご縁が結ばれるような…、お顔見知りになるような…、その人の存在を知ること…という感じです。 

   

だからなのか、つながり先が変わる次元の違いのこと「スピリチュアルな存在」と呼ぶのかもしれません。

 

      

 

 

  

◆「スピリチュアルな存在」とは

つながった先の次元の違いを指して「存在」と言い表す場合が多いようです。 

   

私も、過去つながってくれた時点では「存在」と教えられ、その相手に名乗ってもらって名を知ることができました。 

 

つながって7年目を迎えた現時点で私がつながっているのは「集合意識」と呼ぶと教えられ、「存在」と表現するには小さ過ぎる感じを受けます。 

   

 

今の私の「存在」(ミカエルなど)の捉え方は…

「次元の階層(エネルギーの質の違い)」で、各層に名前が付けられ、親しみやすく呼ぶよう教えられた…、という解釈をしています。 

 

>つながったことのある存在 

 

◆初めてつながるのは…?◆

   

 

初めてつながりの確認を取ろうとする際、つながってくれる相手にハイアーセルフ(高尚な次元の自分)」 又は 「守護霊(ご先祖様等)」が多く見受けられました。

 

今のご自身を一番強く守ってくれている、パワーの強いどちらかとです。 

  

どちらなのか…?

皆様と実際につながりを持たせて頂ければ、どなたかかが分かります(お名前は分かりかねます)。

 

   

 

◆つながったの? つながっているの?◆

 

 

皆さまの中には、すでにつながりを得られているけれど、ご自身の「自覚」がないだけかもしれません。

 

つながりを「目視」できるようツールを使ったり、「実感」できるよう「瞑想」などで確かめることが出来ます 

     

いずれにしても、感度良好な導きを受け取るためには、一番得意とする受け取り方を伸ばすのがコツです。

      

 

確かめ方の一例

 

 目 視 = ペンデュラム(振り子)・自動書記(ペンが動き出す)など  

 

 体 感 = ビジョン・視覚的変化・エネルギー・空気圧・身体が動く など  

   


※レッスンの体感ワークで、得意な受け取り方が分かります

 

 

◆「導き」はもう受取れている!?◆

 

 

「高次元とつながっていないんだもの…。だから導かれていない!」と思い込んでいませんか?

  

スピリチュアルやヒーリングなどの見えない世界に興味がある方のほとんどは「導かれている」けれど、それだと気付けていないだけ、「自覚」できていないだけのように思います。  

  

実は、つながる前の私もその一人でした。 

  

 

つながりを確認する以前からすでに… 

 

 直感」に従う 

 

 ピン」と来て 判断できる

 

 そっかぁ」と複雑な内容でも 瞬時に理解出来る

 

このようなことは日常によくあって、素直にその通りにすると物事がスムーズに進んだり、好転したものでした。  

 

なんとなくでしたが…

「従えば必ず良い事が起こる」「上手く行く」と不思議と確信していた私です。

   

 

今思えばそれこそが「導きを受け取れていたことになりますが、もし当時の私に「つながっている?」と聞いたとしたなら、きっと「No」と答えていたでしょう。 

 

「自覚」できていなかった頃は…

ありがたみも半減、活用しようともしないから、モッタイナカッタです。 

     

 

 

◆つながってどうなる⁉︎◆

    

  

つながった初めは、「自分のため」にたくさんの導きをもらって、実行してみました。

 

私の場合は「自動書記」という方法でしたので、とても具体的で行動にも移しやすかったです。

      

そして始まったのが「意識改革」「習慣の改善」「生きる方向の軌道修正」「潜在能力開花」…などなど。

 

人智を超えた領域からの導きは…

乾き切ったあの頃の私からは想像も出来ない、ドラマチックかつ自然体で、感謝溢れる人生へと変えてくれました。

      

      

      

 ~* スピ活用のしくみ *~
 
  つながる
  導きを行動に移す
  結果を味わう 
 
これの繰り返しです
 
「今」の自分を変えるから、未来が変わる 
 
 
 

 

自然や動物と話すにも、導きや直感を人生やビジネスに活かすにも、つながることが初めの一歩

 

(更新:2018.1.30)