* 「アニマルハートリーダー」誕生までの道のり *

~ 自分の道へ進み出す合図 … わくわく感から始まった ~

◆わくわく発見♪◆ …2010年夏

  

2010年初夏…

顔を洗っていると、突然、天から降って来たような『声』が頭に響きました。

  『レイキって 何?』って。

 

このたった一言がキッカケとなり、新しい人生の扉が開かれました。

   

その声を聞いた私は…

『何?って… なんだろう?』と思った途端、せきを切ったように、知りたい虫が騒ぎ始めました。

 

この時点では、スピな世界は全く無知で「大天使」の存在すら知りません。

 

それなのに…

知り得なかった全く興味のない世界なのに、わくわくするのですから不思議です

 ・レイキ  ・ビブリオマンシ―(書物占い)  ・ダウンジング

 ・エンジェルナンバー  ・パワーアニマル  ・ヒーリング  ・退行瞑想…

 

手当たり次第手に取り、好奇心を満たした後に分ったのは、すべて『スピリチュアル』に関係していた… ということでした。

 

とは言え、当時の私は…

ただ楽しいだけで、「透視をする人になりたい」とか「スピな事を仕事にしたい」など思いもしませんでしたし、霊感もない自分とは無関係の世界と思っていました。

 

 

あの時…

自分で『ココロの声』をキャッチしていなかったら、『ココロが 目覚める』ことはなかっただろうと、振り返って思います。

  

当時10年以上前から「レイキ」という名だけは知ってましたが、気にも止めないし興味も持ちませんでした。

  

  

◇わくわく … 自己ヒーリング◇

 

わくわくして手に取ったモノの一つ… 「自己ヒーリング」

 

それまでヒーリングなど知らなかったし興味がなかったのに、古本屋さんで巡り合った『レイキ』の本にわくわくっとして購入。 

 

見様見真似で「これでイイのかなぁ?」「何も感じないし…」と疑問を抱きながらも、取り敢えず本の通り21日間続けました。

  

 

◇わくわく …退行瞑想◇

 

これまた本屋さんで見つけた『誘導退行瞑想の雑誌CD付』にわくわくっと惹かれ、早速CDを聴きながら21日間瞑想を続けました。

 

瞑想中…

映像なのか、イメージなのか、記憶なのか?

明らかに時代は違うけど、自分の父や母らしき人物が現れたり…。

 

自分の過去なのだろうか?

多くの好奇の視線を浴びながら絞首台に立ち、自分の裸足の足元を視ているその時の自分であったり…。

 

「おぉ~これが退行瞑想かぁ~』 と面白くて仕方がありませんでした。

  

 

◇わくわく … デトックス◇

 

この頃、人生初の『オラクルカード』なるモノと出逢い、一目惚れで購入したカードで毎日楽しんでいると、不思議と同じカードが続きました。

 

導かれるように始めたのが、半身浴で行う『ソルトバス・デトックス』。

 

それまでのシャワー生活から一変、半身浴で汗と共に体内の浄化もされていることが楽しくて、瞑想しながら生活に取り入れ始めました。

 

  

◇わくわくの導く先… 自分の道へ◇

  

またもや滅多に寄らない古本屋さんで、とうとう出逢ってしまいました

 

それはまるで…

スポットライトを浴びているかの様に、その本だけが輝いて見えた、不思議な出逢い

 

 『スピリチュアル・ティーチング ~能力を開花させる12週間プログラム~』

(ソニア・ショーケット氏著)

 

 私が繋がりを持つキッカケとなり、後に授かった『ベーシング』の基礎となる『エネルギー的調整の仕方』など、眠っている潜在能力を目覚めさせるワークが書かれている本です。

 

 

この一冊の本との巡り合いが、私の人生を大きく変えてくれました。

 

わくわくするココロに従うと…

このようなサプライズな出逢いが待っています

 

それは全て「自分の道に繋がってる」 … 実証実験結果となりました。

 

 

◆メッセージで知る… 自分の中の可能性◆ … 2011年初春

 

わくわく期間中…

スピに興味を持ち始め、何かのオマケで伝えられた人生初のスピメッセージをメールで頂きました。

 

ナント… 

 『あなたには まだ眠っている能力があります』と書いてある!?

 

そのメッセージを読んでいると突然、身体の内側の底から込み上げる何かがあって、肩を震わすほど泣けた…という、初体験に驚きました。

 

「目覚め」のキッカケに、たましいが喜んでくれ、浄化がなされたのでしょう。

 

潜在能力…

一般的知識として知っていましたが、自分の中にも秘められた能力がある…など思いも寄らぬことでした。

  

が、そう云われても…

具体的に『どんな能力』かは分らず、ただ漠然と「動物と話せればイイなぁ…」とココロの片隅に想いながら、わくわくを求め続けました。

  

 

◆透視リーディングとの出逢い◆ …2011年5月

 

繋がる2ヶ月ほど前のこと…。

人生初の『透視リーディング』なるモノを受け

『幸せを阻むモノ』と『アニマルコミュニケーターになる事を阻むモノ』の浄化をして頂ける機会に恵まれました。

 

「へぇ~ 世の中にこんな事が出来る人が、実在してるの?」と、不思議な空間にわくわくしたのを覚えています。

 

 

当時『アニマルコミュニケーション』には…

興味があるようで無いような、興味を持ってはいけない様な、見て見ぬ振りをしている様な『触れてはいけないテーマ』という不思議な感じを持っていました。

 

それからというもの…

心境が少しずつ変化し「もっと本格的に知りたい!」と思えるようになったのです。

  

もうそうなるとウズウズし、片っ端から著書を読み漁る…という、以前には考えられない前向きな行動に変わりました。

 

同時に…

「ビビッ」と感じたオラクルカードに出逢い、自分と向き合う時間を持つようになりました。

 

あの透視リーディングが…

私の潜在能力の「アニマルのココロ」へ向けた第一歩と、「スピリチュアルな能力』への二つの扉を開いてくれました。

  

  

*ひと言*

わくわくするココロに従うと…

このようなサプライズな出逢いが待っています

 

それは全て「自分の道に繋がってる」 … 実証実験結果となりました。

  

 

(更新:2017.6.13)